更正の請求に強くなる!

更正の請求はめんどくさがらずに・・・
 

更正の請求についてご紹介してきていますが、そろそろ耳にうるさく感じられるかもしれません。
しかし、更正の請求は納税者が持つ正当な権利です。知らなかったということで放棄してしまっていい権利ではありません。更正の請求は大事なことなので、手続き方法や考え方をしっかりと勉強しておきましょう。少々メンドウくさいと感じられるかもしれませんが、ちゃんと学んでおけば難しいことはありません。今回もなるべく解りやすい解説で、更正の請求をご紹介していきたいと思います。

[更正の請求の基本]
更正の請求とは、確定申告の際に納税額を過大に申告してしまった時に、納税額を減らするために行う税務処理の手続きのこと。更正の請求の手続きは、確定申告後から1年以内であれば行うことができます。サラリーマンに代表される給与所得者で、年末調整で税額を確定している方は、5年間までさかのぼって「更正の請求」をすることが可能です。更正の請求が税務署に認められれば、最終的に納めすぎた税金が還付されます。

逆に、確定申告で納税額を少なく申告してしまった場合に修正するための手続きを「修正申告」と云います。

税務調査により判明した申告の誤りを正す処分を「更正」と呼び、確定申告の義務があるものがそれを行わなかった場合におきまして、税務署長が税額を決めることを「更正の決定」と呼びます。申告書を提出しなければいけない人が申告書を提出しなかった場合には、税務調査により税額等が決定されますが、その場合、決定により納付すべき税額・還付金額に相当する税額が生じないときは、税務署長の決定は行われないことになっています。

 

Comments are closed.